津芒果冰品店

previous arrow
previous arrow
next arrow
next arrow
Slider

『津芒果冰品店』 2019年再訪。今年注文したのは芒果雪花冰、見た目も美しい芒果冰専門店の名に恥じないマンゴー感満載の逸品。雪花冰は酸味を併せ持ったマンゴーテイスト、むきたて切りたてと思われるフレッシュなカットマンゴー、手作り感のあるマンゴーアイス、濃厚なマンゴーソースは別添え、すべてマンゴーを素材に使かったものばかり。去年食べた芒果冰とは味わいもビジュアルも別バージョン、客を飽きさせない充実した芒果冰のラインナップが用意され、満足度はかなり高い。唯一の難点は狭い店の造り、店内は清潔感はあるものの、席の数の少なさとレイアウトの悪さで居心地があまり良くない。
芒芒到深更 150元 (2019.07)

営業時間 13:00-21:00
MAP   Facebook

Slider

MRT大東站。店名が示すとおり、マンゴーをメニューの中心に据えた冰店。基本になるのが芒果雪貝という氷で、これにトッピングを加えて、バリエーションが増えていく。この芒果雪貝は氷の芯までマンゴー果汁。そのねっとりとした食感は、かき氷ではなくシャーベット。さらに、自家製のマンゴーソースを追加して、このお店オリジナルな超濃厚・芒果冰が完成する。※トッピングのアイスは、数種類のフルーツ系アイスクリームの中から一つ選択。
超級芒果 140元 (2018.06)

橋邊香腸攤

これぞ台湾B級グルメの醍醐味。津芒果冰品店の斜向いにある台湾ソーセージ店。売る商品も店の雰囲気もB級だが、店頭の人の多さに思わず引き寄せられた。メニューは香腸と糯米腸(もち米の腸詰)の2種類のみ、これだけの商品で路面店の商売が成り立ってしまうなんて、ただただ感服するしかない。物は試しと香腸を2本だけ注文してみると…激ウマ! これはとても2本なんかじゃ足りっこない。

炭火で焼かれているので風味が格別、調味料を付けて味を変えてみるのもいい。付け合せは美味しいキュウリの酢の物と生のニンニク、香腸との相性はもちろんばっちり。キュウリは大量に作られていて、ポリバケツからテーブルに置かれた容器にじゃんじゃん追加される、この荒っぽさがいかにもB級グルメ的で大好きだ。
香腸 1本20元 (2019.07)
13:00-18:00 月曜定休
MAP