『名信木瓜牛奶專賣店』 文南路、数百メートル続くグルメストリート。日曜日の午前0時、営業を終了した店が多い中、このお店だけがまだ賑わいを見せています。皆さん食べているのはかき氷、ここは深夜までお客が絶えない、地元密着の隠れた人気店。午前10時開店で営業時間は長い。メニューは果汁と冰品と軽食類(鍋燒意麵、肉粥、トースト)、一番高価な芒果冰は時價100元。マンゴーは綺麗にカットされ、その艶のある切り口から新鮮さが伝わってきます。マンゴーシロップと練乳は適量で甘過ぎず、絶妙なサイズ感で氷を持て余すこともありません。オススメは雪花冰より、マンゴーがしっかり味わえる剉冰。冰屋の名店ひしめく台南にあって、とても印象深いお店です。
芒果牛奶冰 100元 + 布丁 20元 (Sept. 2017)

営業時間 10:00-02:00
MAP

芒果雪冰はミルク味の雪花でマンゴーを上下にサンド、器は芒果牛奶冰より一回り小さくなります。軽く食べたい時に良いサイズ。八寶冰もオススメです。小ぶりな器で剉冰が35元、雪花冰は50元。具材は十数種類の中から6品セレクトします。トッピングの前でウーンと悩むのではなく、印刷された用紙にマークする方式。これならじっくり選べます。
芒果雪冰 100元 八寶牛奶雪冰 50元 (Sept. 2017)
草莓雪冰 90元 (Jan. 2017)

芒果牛奶冰80元 (June 2016)


心月素食

文南路にある素食/ベジタリアンのビュッフェ。清潔で洗練された内装、品数が多く補充が早い。好きなおかずをトレーに取ってレジで量り売り。肉料理に似せたおかずから、野菜の煮物やあえ物、炒麵や粽まで揃っている。青菜だけでも数種類あって油控えめ、癖のない味でどれも旨い。写真の盛り付けはご飯と合わせて100元前後、綺麗な自助餐で野菜がたっぷり摂れるのはうれしい。※お茶は無糖。
10:30-14:00 16:30-21:00(日曜定休)
MAP

大胖豬心

豚が専門、この辺りではかなりの繁盛店。具材は豬心(心臓)、豬肝(レバー)、腰只(腎臓)が中心。湯類とスープなしの乾拌類があって、麵が追加できる。味付けは麻油、大好きな豬肝を注文してみると、辛味のあるタレに生姜の千切りがたっぷりのせてある。好きな味付けで大サイズにしなかった事を少し後悔。ご飯は豬油拌飯というラードと醤油ダレを混ぜた油めし、これがまた乙な味でペロリといける。下手な魯肉飯よりずっと旨い。隣の席は常連客だろうか、最初から2杯注文しいる、それくらいはいける量。
※再訪。麵線入りのスープ、味の決め手は鮮度抜群の素材とピリ辛の麻油。
麻油豬肝(小) 70元 豬油拌飯 15元 (Sept. 2017)
心肝麵線 110元 + 麻油 10元 (Nov. 2017)
16:30-22:00
MAP

魯米將滷味本舖

台湾ではポピュラーな滷味、屋台の店が多いし、麺は市販の即席麺というC級に近いB級グルメ。この店は一般的な具材の他に生野菜の種類が豊富。(Sept. 2017)
17:00-24:00
MAP

許家堡杏仁茶

杏仁豆腐は固めの杏仁凍と、ミルキーでソフトな杏仁奶酪の2種類。杏仁奶酪に杏仁茶を浸して、アズキをトッピングした招牌三合一という品。これが最高。杏仁茶に香料っぽさがなくマイルドで美味しい。
杏仁豆腐冰35元  招牌三合一 50元
15:00-23:55
MAP