『芋師傅』 永和地区、樂華夜市から歩いて近い。看板メニューは芋頭が素材の甜品類、芋圓豆花と芋頭牛奶がとても美味しい。夏の目玉メニューが芒果牛奶冰です。通常の氷の剉冰がベース。特徴は酸味が少々効いた大量のマンゴーソース、それに練乳がプラスされます。極端に甘いという事はありません。それでも氷を完食するには、ソースの量が少し気になるかも。
芒果牛奶冰 160元 (May 2017)

営業時間 11:00-24:00

MAP

蜜世界鮮果廣場 新北

永和區永和路、24時間営業の大型水果店。フルーツならだいたい何でも揃うが、特にマンゴーの取扱量が大きい。早摘みの愛文芒果が4月初旬から店頭に並び、シーズンを迎えると大量のマンゴーで溢れる。商品の回転が早く新鮮なマンゴーが毎朝入荷。在庫品は割引販売され、リーズナブルなマンゴーを見つける事ができる。扱う品種は愛文芒果だけのようだ。 (May 2017) ※9月に入ると慢文と凱特の2種類のマンゴー。
24時間営業
MAP

阿章土魠魚羹

蜜世界鮮果の脇の路地、メインは土魠魚フライのとろみスープ。有名な永樂市場の店や本場台南の店と比較すると、こちらはフライが大きく食べ応えがある。別皿なのでサクサクだ。スープは台南風の甘さは薄く、九層塔の風味が効いている。量が多いのでスープだけだと少し単調、麺やビーフンを入れて味が完成するのだろう、麺は4種類でプラス5元。
土魠魚羹 65元 (Sept. 2017)
10:00-17:00(日曜定休)
MAP